尻妖怪の本棚

尻が好きな妖怪がひたすら好きなものを書くだけ

本をひたすらに紹介する 読書感想文に悩む小学生低学年編

キンプラのラインスタンプを買いました。

 

今回の紹介本は夏休み目前、読書感想文という宿題に苦しむ小学生向けです。

私が今回紹介するものは、本当に、「読書感想文めんどくさいよお!!」向けのため、「読書感想文で賞をとるぞ!キリッ!」の人にはお勧めしません。賞を取りたいための選書であれば、全国読書感想文コンクールのサイトをご覧ください。

 

まあ読書感想文って結構読書好きでも苦痛なんです。本よんでなんで感想!?おもしろかった?って聞かれたらハイかイイエのみしか出ません。感想書けなんていう事自体ナンセンスだと思う部分はありますが、まあそこは学校の先生の問題です。諦めて書きましょう。

 

そして小学生を子に持つ親御さん。読書感想文と作文は本当によっぽど国語がすき!!みたいな子以外には苦痛です!そんな苦痛と向き合う子どもをまずほめてあげてほしいのと、夏休みにも入りますし、親の都合もあるとはおもいますが、読書を無理にとめないであげてほしいと思います。読書を止めた時点で頭から内容きえましたー!もよくあります。

あとは涼しいところでの読書をお願いします。(今、多少なりとも図書館も蓋ができて、鞄に仕舞う事ができれば飲み物を飲むのはうるさく注意されません。本から離してこぼさずよござず!を気を付ければ快適な図書館ライフも過ごせるので是非に)

 

前置きが長くなりましたが、読書感想文の参考になれば幸い。

 

~低学年編~

低学年のうちに感想ちゃんと言える!なんてのはむずかしいです。特に1年生。1年生は夏をこえて2学期の10月くらいに突然キリっ!となる時が来ます。それまではまだ小学生…というより…の世界です。

 

なので、「朗読ができる本」をおすすめします。おうちで夕飯作っている背後で「朗読してもらう」をやります。

 

そうなると長すぎず、読み切れる絵本であることをおすすめします。

ごめんねともだち (「おれたち、ともだち!」絵本)

ごめんねともだち (「おれたち、ともだち!」絵本)

 

 ともだちに「ごめんね」が言えないというお話。

どう思った?が聞いている親も、読んでる子も出やすい。

親は子どもに「読んできかせてほしいな!」なんて言ってあげると子どもも張り切るし、「ここキツネくんがあやまればよかったのにねー」とか親から言ってあげると子どももこうだよ!を言いやすくなるのではないでしょうか。

 

まほうのじどうはんばいき

まほうのじどうはんばいき

 

 

 

かえってきた まほうのじどうはんばいき

かえってきた まほうのじどうはんばいき

 

 さらにこのシリーズは絵もいまどきで、内容も「まほうのじどうはんばいきがほしいものをなんでも出してくれたら…?」と大人も「なにそれほしい」となるファンタジーなので共感しやすいです。

 

これもしんどければ絵本をおすすめします。

 

ももたろう (松谷みよ子むかしむかし)

ももたろう (松谷みよ子むかしむかし)

 

 THE・王道昔話。

昔話の利点はとにかく「起承転結のハッキリしたところ!」にあります。

起承転結のなにがいいって、盛り上がりが分かり易いところ。いうなれば週刊少年ジャナントカみたいな王道漫画に通ずる感じある。

 

バムとケロのにちようび

バムとケロのにちようび

 

 

 

おさるのジョージ としょかんへいく

おさるのジョージ としょかんへいく

 

 このあたりも絵本として読みやすいですし、本をたいせつにしよう!なんて内容もわかりやすいです。

 

とにかく低学年の本は「親も感想なり何かしらの内容へのコメントができる本」を一緒に選んでください。

一緒に!!選ぶ事!!親が「これにしなさい」って選ばない事!!!

親が選ばないって難しい話なんですけど、親が「これを読みなさい」は大体あいません。子どものことは私は分かってる!!って親もいます。そりゃそうです。

だからこそ「読みなさい」ではなく「選ばせる」からはじめていただけたら幸い。表紙がカワイイから。とかからでもモチベーションになります。これはほんと。

とりあえず、一緒に本屋行きましょう。

 

 

思ったより低学年だけで書きすぎたので次回に続く。

中学年と高学年・中高生までかけたら書きます。

 

何度も言いますが、賞を取りたい人向けではありません。

 

本をひたすらに紹介する 赤ちゃん向け絵本編

折角ブログ作ったんでちゃんと本を紹介したいと思います。

まずは赤ちゃん絵本編。

 

1つハッキリと申し上げておきたい事は

当方独身子なしです。未婚です。

以上。

 

色々と赤ちゃん絵本出ておりますが、どれ選んでいいかわからない、値段もそこそこするし、そもそも絵本を買う余裕もあんまりないからあんまりハズレたくない。

なのでどういう本を与えればいいのか?なんていう相談をよく聞きます。

もちろん子どもの好みもあるのでこれなら絶対ハズレなし!なんてのは難しいです。

 

と言うわけで、赤ちゃんが興味を持つ可能性が高い本を紹介したいと思います。

 

 

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ)

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ)

 

 柏原さんが作者のあかちゃん向け絵本です。

こちら、大人がみると激しい色使いをしています。

 

赤ちゃんは網膜の発達が遅く、目では色を判別するのがなかなか難しいのだそうです。(難しい理由は私も良くわかりません)

それで激しい色使いのものは、赤ちゃんがものを判別するのにとてもいいとか。

ぐるぐるを一緒にゆびでなぞるのも脳にいいそうです。

赤ちゃんがあぶなくないように角もまるく、本も厚紙みたくなってて安全。

出産祝いにもおすすめです。実際あげた友人の赤ちゃんは指で追って遊んでました。

この方のシリーズの「あかあかくろくろ」もおすすめです。今は図書館にも入ってるそうなのでお近くの図書館で相談してみてください。

 

同様に激しい色使いで興味を引く絵本といえばこち

 

はらぺこあおむし エリック=カール作

はらぺこあおむし エリック=カール作

 

 もう王道中の王道ですね。はらぺこあおむしです。

エリックカールさんは緑に塗った紙を切って、このあおむしのかたちにしている切り絵のような手法でおはなしを作っています。

色がはっきりしていることと、はなしが起承転結しているので、お母さんも読み聞かせしやすい。

ひとりで読む練習にもいいので、だいたい小学生でも活用できます。長く読んでもらえる一冊。

 

1歳ぐらいになると、行動の真似っこができるようになってくる年齢なので、真似っこをする本をおすすめします。ハイ、ドン。

 

 

だるまさんが

だるまさんが

 

 はなしが「だるまさんが…」のフレーズを繰り返すので、楽しいです。

いないいない…ばあ!の流れって子ども大好きなんですけど、手をどかすと、お母さんやお父さんがいるって王道の流れが好きなんだそうです。

その王道をおもしろく、楽しく遊ばせてくれる本です。あと絵がかわいい。鼻の穴ある。

 

 

いないいないばああそび (あかちゃんのあそびえほん)

いないいないばああそび (あかちゃんのあそびえほん)

 

 ついでにこっちも。めくるだけの仕掛け絵本ですが、やはり王道の遊びなので喜びます。

いないいない(顔を隠す)→ばあ(顔が出てくる)って流れがいいんだそうで。

 

後は繰り返すフレーズを使った本を是非読んであげてください。

おなじ言葉の繰り返しや、あいさつとかは真似っこしてくれると楽しくなります。

 

 

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

 

 

 

りんごりんごりんごりんごりんごりんご  (主婦の友はじめてブックシリーズ)

りんごりんごりんごりんごりんごりんご (主婦の友はじめてブックシリーズ)

 

 

りんごは若干シュール。

めっちゃりんごドヤ顔しててだんだんりんごがイケメンに……見えないな。

 

 

ととけっこう よがあけた (わらべうたえほん)

ととけっこう よがあけた (わらべうたえほん)

 

 朝ですよーーー!!って起こしてくれるにわとりさんの話ですが、おはよう!が繰り返されるのでテンポも良くてお勧めです。

 

そんな感じで、是非あかちゃんに読み聞かせする本、一緒に読みたい本は

色使いがハデ

繰り返しのフレーズでテンポがいい

いないいないばあ等の王道

で是非えらんでください。

 

 

 余談

お父さんに是非よんでほしい一冊。

パパのぼり

パパのぼり

 

 子どものくまちゃんがパパくまさんであそぶ話。親子の事がほっこり書いてあって、何より簡単。

お父さん、子どもに読んであげるチャンスです。

 

余談2

お母さん向けに1冊。

 

 年度ごとに出てる1冊です。

お母さんが働いているかどうかの生活スタイルにより役所に提出する書類の違いとかを詳しく紹介してくれてます。ムック本ですけど、お母さんの出産からなにからわかねえーーー!!どうしたらいい---!!と思ってたらもう生まれてしまうう!!と頭抱える方向け。損はさせない。

 

結構あれもこれもと紹介したくなるので支離滅裂ですが、こんなんを続けていきたいなあと。

絵本紹介から、なんか最近私が読んだのを紹介とかいろんなジャンルをせめてみたいなあ。と思います。

 

ちなみに最近買った本

 

幼女戦記(1) (角川コミックス・エース)

幼女戦記(1) (角川コミックス・エース)

 

 ターニャどんまい。

 

 

キンプラ凄かった

キンプラの感想を書きたくてはてなブログ作りました。以下感想。ネタバレ有り 

 

 


f:id:wednesday77927:20170627231042j:image

うちわ頂いたとき、「なんぞこれ」って笑ってたのに終わったあと「ヒロさん……」って泣いてた辺りよくわからない。

しかもちょっと鞄の金具でひっかけてしまって傷ついてしまい、ショックを受けた私はもう一回みてうちわ貰いたいとブツブツ言ってました。

この後用事があるってのにだ。 

 

一言でいうと疲れました。

友人はキンプリ履修済、私は未履修のままキンプラを決め込みました。

職場の人たちからも好きだから!!!絶対好きだから!!!っていうからじゃあ……って気持ちで見てみようかなーーってなったんでみたんですが。

 

凄かった。

 

フォロワーさんたちが言ってる尻からはちみつも、全裸OPも、1200億円浮いたも、地球は青くなかったも全部本当だったのが余計に訳がわからなかった。

終わったあと友人と

 

「わからなかった」

「何を見せられたんだ?」

「よくわかんないけど最後の辺り熱いものが込み上げてきた」

「取り敢えずもう一回みたい。私の今の感想を確認したい」

 

と、二人で呆然とパスタを食べることしかできませんでした。

プリズムの煌めきすごすぎてどうしたらいいのかわかりませんでした。 

取り敢えずもう一回は見ておきたいなと思います。キンプラはすごい。観たい。